劇団劇作家
   
 
次回公演情報
 

講師プロフィール


篠原久美子 (しのはらくみこ)
劇作家

日本劇作家協会運営委員。1999年『マクベスの妻と呼ばれた女』(日本劇作家協会優秀新人作品)、2000年『ケプラー・あこがれの星海航路』(文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作)、02年、NHK・FMシアター『冬の終わりのゴキブリの…』(第40回ギャラクシー賞奨励賞・ラジオ部門)05年、新国立劇場THEPIT 『ヒトノカケラ』(鶴屋南北戯曲賞ノミネート)。04年より小学校での演劇授業にも携っている。

 

相馬杜宇 (あいばもりたか)
劇作家

岩手県出身。非戦を選ぶ演劇人の会実行委員。2009年より杉並区立富士見丘小学校での演劇授業に携わり、今年度は東京、埼玉、愛媛などの小中学校、高校でのワークショップアシスタントも務めている。戯曲『在り処』で、2005年度岩手県久慈市市民文芸賞奨励賞。2007年劇団劇作家公演『劇読みvol.1』でミラクル賞受賞。その他の上演作品に『百合の季節』、『痩せてたまるか!』、『Re:カクカクシカジカの話』など。




ミュージカル講座は終了いたしました。
ありがとうございました。

劇団劇作家プロデュース
講師:篠原久美子・相馬杜宇(あいばもりたか)

2010年9月4日(土)~ 5日(日)

【内容】(*進行によって、一部、変更の可能性もあります)
面白いドラマとつまらないドラマについて話してみると、構造が見える?
ストーリーとプロットって、どう違うんだろう?
魅力的な人物とか、名台詞って、いったいなに?
劇世界って現実じゃない。でも、なんでホントと思えるんだろう?
ディスカッションで作品の構造を考え、みんなでシーンを作ります!

会場:武蔵野芸能劇場
( JR三鷹駅北口から徒歩2分 )
電話 0422-55-3500
>>地図はこちら

【募集要項】
日時 9月 4日(土)~ 5日(日)
4日(土)13:00~18:00
5日(日)10:00~17:00

【対象】
劇作に興味のある高校生以上の方。(演劇経験不問)

【受講料】*プログラムは二日間通しの内容です。
二日間通し  一般 4,000円 高校生 2,000円 
武蔵野市民  一般 3,000円 高校生 1,000円
一日のみ参加 一般 3,000円 高校生 1,000円

【お申し込み方法】
①下記のメールアドレス宛にお送り下さい。
ticket@gekisakka.net
[記載内容]
・住所
・氏名
・電話番号
・メールアドレス
・戯曲執筆経験の有無
・このワークショップに期待すること

②下記の電話番号からもお申込みできます。
090-8255-9719(劇団劇作家 アイバ)

受付締め切り 9月1日(水)
 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

主催:劇団劇作家 

劇団劇作家
TEL:080-5498-5037
e-mail:info@gekisakka.net

 


2007 gekidan-gekisakka all rights reserved