【校倉元】第89回『鳳志の会』にて新作落語『締め出し』上演

劇団劇作家メンバーの校倉元の新作落語が、高座に掛かることになりました。

古典落語と校倉元の新作落語、その他ゲストによる落語等も上演されます。

江戸時代を舞台にした、新作人情噺です。


【落語公演情報】

第89回『鳳志の会』

 

演目:

『らくだ』

『締め出し』(作=校倉 元)


日時:

2022年3月29日(火) 

18:30開演(18:00開場)


場所:

お江戸日本橋亭(銀座線三越前駅A10出口より徒歩2分)


料金:

2,000円(当日2,500円)


ご予約:

houshi.3ut@gmail.com


上記の予約アドレスに公演名とお名前を書いてメール予約してくだされば、当日受付にて2,000円の前売予約料金でご覧いただけます。


感染症がまだまだ厳しい状況下ではありますが、よろしければ是非足をお運びくださいませ。