【速報】劇団劇作家12月公演 平林たい子没後50周年記念「世界が私を嫌っても」上演決定!!

劇団劇作家は、「日本の劇」戯曲賞2020にて佳作に選出された、劇作家・有吉朝子の戯曲「世界が私を嫌っても」を上演いたします。

脚本:有吉朝子(劇団劇作家)

演出:西本由香(文学座)


「私たちは思いがけず文壇の人間になったが、私たちの夢はこんなことではなかった。もっともっと、崇高で素晴らしい筈だった」


友人、林芙美子の訃報への追悼に上記の文を寄せた作家、平林たい子。

文学と人生に打ち込み、敗戦後の困難な時代に「不死鳥」とも称された彼女の情熱と半生を舞台へ!








会場:TACCS1179

〒161-0034 東京都新宿区上落合1-17-9 

※西武新宿線「下落合」駅徒歩3分


日時:2022年12月15~18日

12月15日(木) 14:00/19:00★

12月16日(金) 14:00/19:00★

12月17日(土) 13:00/18:00★

12月18日(日) 13:00

※★ナイトチケット

※12月16日(金)19:00はLIVE・アーカイブ配信


チケット料金(全席自由)

一般:前売り4800円(当日5000円)

学生U-18:3500円

★ナイトチケット:4300円

障がい割引:2500円

配信:2000円(映像配信チケットはPeatixにて販売、詳細は後日発表)


※チケット予約 カルテットオンライン→

https://www.quartet-online.net/ticket/wj4rqze


キャスト:

小石川桃子(文学座)

小泉まき(俳協・中野成樹+フランケンズ)

越塚 学(文学座)

近藤 隼(TCアルプ)

秦 由香里

辻本健太(スターダス・21Neu)

中嶌 聡

永野和宏(劇団新人会)

西村壮悟

久行敬子((株)オフィスPAC)

桧山征翔(CEDAR)

森脇由紀(青年座)

山本由奈(東宝芸能)

(五十音順)


スタッフ:

照明 賀澤礼子

音響 井出比呂之(井出舞台音響)

衣装・美術 わだかよ(NAGOMIDAデザイン)

宣伝 わだかよ(NAGOMIDAデザイン)

配信 タナバタカナリア

演出助手 岩佐美紀

舞台監督 高橋淳一

制作 福山啓子(劇団劇作家)


後援:信濃毎日新聞社・長野日報・SBC信越放送・NBS長野放送

お問合せ:劇団劇作家 

     mail:gekidangekisakka@gmail.com

     phone:080-5498-5037


最新記事

すべて表示

2022年10月。 劇団劇作家は、昨年の上演で好評をはくした「リーディングミュージカル」シリーズ第2弾として、新たな作品を上演します。 第2弾となる2022年10月公演は、モスクワカヌ脚本による『Killer Queens!』 とあるコンテンストパーティーが開かれている会場。 招待された、8人の女性Killer達。 パーティーのホストとして「マスター」を名乗る正体不明の男が、キラークイーンコンテス