劇団新企画「劇読み! サバイバル」始動!

劇団劇作家の新企画「劇読み!サバイバル」が始動しました。

劇団メンバーの有志にて立ち上がったこちらの企画。

2020年12月1日と2日に、内部リーディングという形式で参加メンバーの戯曲のリーディング上演と、参加者によるディスカッション、プロモーション用の映像撮影等を実施します。


今回の劇団劇作家から参加するメンバーは、有吉朝子、池田恵、坂本鈴、福山啓子、モスクワカヌの5名です。それぞれが脚本を持ち寄り、戯曲の可能性を高めるためのリーディングとディスカッションを行います。


感染症の懸念等もあり、今回は無観客での上演となりますが、またいつかお客様と共に舞台の幕をあげられるよう、劇団員一同、今できる形で演劇の灯をともしていきます。


お客様にご来場頂けないぶん、また企画の様子等ブログ等でお伝えできればと考えておりますので、これからも劇団劇作家をよろしくお願いいたします!


(文責:モスクワカヌ)


最新記事

すべて表示

劇団劇作家メンバーの校倉元の新作落語が、高座に掛かることになりました。 古典落語と校倉元の新作落語、その他ゲストによる落語等も上演されます。 江戸時代を舞台にした、新作人情噺です。 【落語公演情報】 第89回『鳳志の会』 演目: 『らくだ』 『締め出し』(作=校倉 元) 日時: 2022年3月29日(火) 18:30開演(18:00開場) 場所: お江戸日本橋亭(銀座線三越前駅A10出口より徒歩2