劇作家

モスクワカヌ

Mosukuwakanu

モスクワカヌ.jpg
Profile

劇作家。1984年生まれ。
1991年より3年半をモスクワで過ごす。2006年に劇作家協会「戯曲セミナー」受講。
09年にミュージカル『この夜の終りの美しい窓』で、作・演出を担当。10年には演劇専門誌「せりふの時代vol.56」の公募短編戯曲(選者・佃典彦)に『バースデイ』が入選掲載。
11年、自身の演劇ユニット“遊戯ヱペチカトランデ”を旗揚げ。13年には2時間超を十数曲のナンバーで歌いつづるミュージカル、『Mademoiselle Guillotine〜マドモアゼル・ギロティーヌ〜』を発表。その後はユニットを休止し、外部への脚本提供を中心に活動を続ける。近年は大阪府の高校を中心に、高校演劇のための脚本の書き下ろし等も行っている。
劇作に於いては、倫理の必要性がある全体の世界から、ちょっとはみ出した場所を目指す。

2019年には、黒川陽子との共作戯曲『おばけかいぎ』が「子供が上演する劇脚本募集」にて準入選を果たし、「演劇と教育」誌(711号)にて掲載された。
2020年『It's not a bad thing that people around the world fall into a crevasse.』にて第20回AAF戯曲賞の特別賞を受賞。

 

“劇作家女子会。”メンバー。

Works

2009年8月  世の中と演劇するオフィスプロジェクトM『この夜の終わりの美しい窓』@新宿タイニイアリス

2011年12月    遊戯ヱペチカトランデ Song&dance『The Gilrs next door』@APOCシアター ★主宰公演

2013年6月  劇作家女子会。「劇作家女子会!」『バースデイ』@王子小劇場

2013年9月  遊戯ヱペチカトランデ ミュージカル『Mademoiselle Guillotine』@日暮里d-倉庫 ★主宰公演

2014年9月  おちないりんご 『そのときのはなし』に『POSHLOST』提供@下北沢 楽園 

2016年7月  劇作家女子会。「劇作家女子会!R-WORLD PREMIERE-」『だるまかれし』@花まる学習会王子小劇場

2016年11月    一人芝居ミュージカル短編集vol.1『〜The Last Leaf for Henry』@西荻窪 Atelier Kanon

2016年11月    NASHプロジェクト 『モノ好きおんな』 脚本提供@八幡山ワーサルシアター

2017年4月  一人芝居ミュージカル短編集vol.2『ライカの宙』@ザ☆キッチンNAKANO

2017年5月  劇作家女子会。『劇作家女子会S! 人間の条件』@座高円寺1

2017年9月  一人芝居ミュージカル短編集vol.3 『注文の多い宮沢賢治』@新井薬師前スペシャルカラーズ

2017年9月  桃谷高校文芸ドラマ班『※この高校4年生はフィクションです。』@阿波市アエルワホール

2018年3月  高校演劇マルシェ『※この高校4年生はフィクションです。/絶対恋愛王政』@中野あくとれ ★主宰公演

2018年4月  一人芝居ミュージカルvol.5 『絞首台の上のジャーナリスト』@高円寺K’s スタジオ本館B1

2018年10月    モスクワカヌ主宰 『注文の多い宮沢賢治』@仙台10-Box 卸町アートマルシェ

 

その他多数

上演履歴の詳細はこちらから→https://note.mu/mosukuwakanu/n/n571c0f021f6e​