©2019 gekidan-gekisakka all rights reserved.

『劇読み! Vol.6』

2016年5月4日(水/祝)〜11日(木)

SPACE雑遊

戯曲のデパート10周年!

厳選10作品を、照明・音響なども含む演出されたリーディングの形でトライアル上演。
公募作品の連続上演、掘り出し戯曲市、期待の精鋭・中屋敷法仁氏を招いてのシンポジウム「未来の劇作家のかたち」など、
大創業祭にふさわしい盛り沢山な企画でお届けします!

<キャスト>
浅井純彦(東京演劇アンサンブル)
飯原道代(ナラティブシアターつちのこ)
犬塚紀子
上原和幸(東京演劇アンサンブル)
内海詩野(壺会)
枝元萌(劇団ハイリンド、スターダス・21)
大谷賢治郎(company ma)
大地泰仁(zacco)
大橋隆一郎(東京演劇アンサンブル)
岡野大生(イマジネイション)
小笠原游大
粕谷大介(NWP)
河南由良(劇団だるめしあん)
木村佐都美(おちないリンゴ)
剣持直明(劇団だるま座)
高坂諭(アート企画陽だまり)
小林あや
小林将司
小山貴司
小山萌子(㈲エンパシィ)
阪上善樹
志賀澤子(東京演劇アンサンブル)
篠原祐哉(東京演劇アンサンブル)
渋沢やこ
清水大将(演劇ユニットどうかとおもう)
清水泰子
鈴田博健(テアトルアカデミー)
難波真奈美
西原純(ジェイ.クリップ)
西村俊彦(㈱マック・ミック)
西山水木(㈱プリエール)
袴塚真美(あサルとピストル)
服部容子(芹川事務所)
林海里(肉汁サイドストーリー)
原陽三(青年劇場)
藤あゆみ
藤光子(スターダス・21)
藤井びん(㈱ワンダー・プロダクション)
藤田直美(扉座)
舞山裕子(劇団昴)
三原玄也(オリオンズベルト)
山口智恵
渡邉まり(扉座)
  50音順


<スタッフ>
総合演出:篠原久美子

舞台監督:TAKE4

照明:瀬戸あずさ(balance,inc.LIGHTING)

音響:青木タクヘイ(㈱ステージオフィス)

宣伝美術:秋澤一彰

制作:奥田英子(演劇ユニットG.com)

主催:劇団劇作家

<協力>

池林房・太田篤哉、CoRich舞台芸術!、アイデアフラッド合同会社、あサルとピストル、アート企画陽だまり、イマジネイション、NWP、演劇ユニットどうかとおもう、㈲エンパシィ、おちないリンゴ、オリオンズベルト、回転OZORA、company ma 、クリオネ、劇舎カナリア、劇団柿喰う客、劇団昴、劇団だるま座、劇団だるめしあん、劇団扉座、劇団ハイリンド、劇団ピンクメロンパン、劇団フライングステージ、㈲ゴーチ・ブラザーズ、ZACCO、ジェイ.クリップ、㈲スターダス・21、青年劇場、芹川事務所、壷会、テアトルアカデミー、東京演劇アンサンブル、肉汁サイドストーリー、日本ユニ・エージェンシー、箱庭円舞曲、プリエール、㈱マック・ミック、㈲ワンダー・プロダクション(50音順)

上演作品

 

ProgramA 5月4日(水・祝)16:00~/5月8日(日)13:00~
『本人不在殺人事件』東京たつみ

殺人事件が起きたのに、主役の俺は置いてけぼり。 
3月の雨上がりの朝、男が死体で見つかった。目撃者もいなければ凶器も見つかっていない。それどころか無能な刑事ばかりのせいで捜査がろくに行われない。スローな捜査にやきもきする被害者だったが、事件は当事者本人の予想だにしない展開をみせていく。

 

演出:森さゆ里(文学座)
出演:枝元萌、大谷賢治郎、大橋隆一郎、小笠原游大、岡野大生、篠原祐哉、難波真奈美、西原純、西村俊彦、服部容子、藤田直美

ProgramB 5月4日(水・祝)19:00~/5月11日(水)14:00~
『ミュージカル・ゲド』篠原久美子

原作 『影との戦い』『こわれた腕環』作 ル=グウィン 訳 清水真砂子 岩波書店刊
『ゲド戦記』ミュージカルの劇読み!
『ゲド戦記』一巻・二巻のミュージカル。自ら呼び出てしまった「影」に体を抉られ、傷つき、追われ、やがて戦うことになる少年ゲドの成長物語。十代の孤独と自己の確立、自立と自由についての哲学的ファンタジーの核を大切に、エンターテインメントに!

演出:関根信一(劇団フライングステージ)
出演:浅井純彦、上原和幸、枝元萌、小笠原游大、剣持直明、高坂諭、小林あや、小山貴司、渋沢やこ、清水泰子、西原純、藤あゆみ

Copyright©1968, 1996 by The Inter-Vivos Trust for the Le guin Children
Copyright©1970, 1971 by The Inter-Vivos Trust for the Le guin Children
Used by permission of Curtis Brown, Ltd.
through Japan UNI Agency, Inc., Tokyo

ProgramC 5月5日(木・祝)13:00~/5月8日(日)16:00~
『夢幻団地』村尾悦子

廃墟となった団地に交錯する家族の夢幻 
取り壊しの決まった団地の一室に娘を亡くした夫婦がやってくる。妻は毎晩、昔暮らしたこの団地の夢を見るという。そこに見知らぬ若いカップルが現れ、奇妙な花見が始まる。娘の思い出を探そうとする夫婦に反発する若者だったが、若者にもある深い思いがあった。

演出:山本健翔(劇舎カナリア)
出演:浅井純彦、阪上善樹、林海里、山口智恵、渡邉まり

 

ProgramD 5月5日(木・祝)16:00~/5月7日(土)13:00~
『POSHLOST』 モスクワカヌ

愛してる。だから生きてて欲しくない。 
もうすぐ結婚1年目。あらゆる不幸に備えて誓った「永遠の愛」だから、優しい夫や穏やかな毎日が逆に怖い。締切に追われ、自分の書く物語の結末にたどり着けないシナリオライターは、自分が夫に求める「永遠の愛」の正体と向き合う。

演出:村上秀樹(回転OZORA)
出演:犬塚紀子、岡野大生、木村佐都美、小山貴司、篠原祐哉、舞山裕子、三原玄也

ProgramE 5月5日(木・祝)19:00~/5月8日(日)19:00~
『相貌』 黒川陽子

私は、私の「顔」を見なければならないんです
熟議民主主義のシステムが確立した、近未来の日本。「熟議の日」には全国各地で討論会が開かれ、国の政策について市民の意見が交わされる。その日、顔を合わせた7人の女性は、議題である過激な平和運動に一つの結論を下す。その結論が世間の耳目を集め、やがて彼女たちを特別な地位へと祭り上げていく。

演出:関根信一(劇団フライングステージ)
出演:粕谷大介、木村佐都美、剣持直明、小林あや、小山萌子、志賀澤子、清水泰子、鈴田博健、難波真奈美、山口智恵、渡邉まり

 

ProgramF 5月6日(金)14:00~/5月10日(火)14:00~
『金の卵1970』 三浦実夫

神田川に染め職人の唄が流れる。 
戦後、第二次着物ブームに沸く染色の町。神田川沿いの友禅工房で働く、金の卵鉄男とお嬢夏子の結婚。恋に破れて染色を離れる仲間の竜二、職人達が友禅の様変りに悩む。原爆症に苦しむ医師川瀬と風子、朝鮮人屑屋親子を追う老刑事、焼跡派の茜と銀次たちが織りなす人間模様。伝統工芸・東京友禅を通して時代を映す青春群像劇…。

演出:古川貴義(箱庭円舞曲)
出演:浅井純彦、上原和幸、内海詩野、大橋隆一郎、小林あや、小山貴司、阪上善樹、清水大将、西原純、袴塚真実、服部容子、林海里、原陽三、藤井びん

ProgramG 5月7日(土)19:00~/5月9日(月)19:00~
『あの子の飴玉』坂本 鈴

だってあたし、道行くひとにも好かれたい。
ママは元AV女優。ママの言葉や生き様に共感しながら、道行く人にも好かれるために、私は家族を軽蔑しているフリをする-。価値、レッテル、やり方、道徳。私のものなのに自分で決められない女性の「性」と、その周辺をめぐるお話。

演出:古川貴義(箱庭円舞曲)
出演:飯原道代 大地泰仁、小笠原游大、河南由良、木村佐都美、小林将司、阪上善樹、篠原祐哉、清水大将、清水泰子、服部容子、林海里、藤田直美、渡邉まり

ProgramH 5月9日(月)14:00~/5月10日(火)19:00~
『花と爆弾』 大森匂子

花束に爆弾を! 恋と革命の伝説
明治の終わり、真の日本の平和と平等を夢見た女、菅野すが。すべてに抑圧され続けてきた彼女が、抑圧からの解放に突き進んだ時、それは大逆事件となり、魔女伝説となった。そんな恋と革命のお話を、すがの眠る代々木にほど近い、ここ新宿からお届けいたします。

演出:森さゆ里(文学座)
出演:上原和幸、内海詩野、小山貴司、西山水木、藤井びん、藤田直美

ProgramS 5月6日(金)19:00~/5月7日(土)16:00~
公募作品連続上演 
『東京から遠く離れて』 田中寛人

故郷を探す女とタクシーの運転手、それを追う元婚約者と幼なじみ。見知らぬ北の海岸沿いを舞台にした二組の男女の物語。 

『あんずふぁみりあ』 みやび

家族だから一緒にいるのですか? 一緒にいるから家族ですか? ずっと夢に見た理想の家族。いつだって。あの頃のままでいたかった。

演出:村上秀樹(回転OZORA)
出演:内海詩野、大橋隆一郎、岡野大生、小林将司、西村俊彦、藤光子、舞山裕子

Special 5月7日(土)14:15~
シンポジウム『未来の劇作家のかたち』

近年、劇作家の仕事は広がり、メディアミックスや集団創作など、劇団の枠に捉われなくなりつつある。未来の劇作家にはどんな仕事が待っているのか、劇団劇作家はこれから何ができるのか? 創立当初から劇団劇作家をよく知る関根信一氏と、期待の精鋭、中屋敷法仁氏と共に語り合う。 

ゲスト:関根信一(劇団フライングステージ)、中屋敷法仁(劇団柿喰う客)

進行:篠原久美子