©2019 gekidan-gekisakka all rights reserved.

劇作家

高石 紗和子

Takaishi Sawako

東京都在住。清泉女子大学日本語日本文学科卒。2018年、「劇団劇作家」入団。2019年、演劇プロデュースユニット「Moratorium Pants」に作家として所属。劇作家協会「研修課」松田正隆クラスに在籍。

日常生活を見つめて、わたしたちの周囲に在る現実を繋ぎ合わせることで、そこに含まれている感情や情景を描き出したいと考えています。

<受賞歴>

2016年、『プラヌラ』で第22回劇作家協会新人戯曲賞の最終候補。

2017年、『盲聾〔Blind and Deaf〕』で第5回せんだい短編戯曲賞の最終候補。

・「宙吊りの踵が降りる朝」日本劇作家協会月一リーディング@座・高円寺けいこ場

・「おうじさまがカエル」東京ハイビーム@ステージカフェ下北沢(作品提供)

・「プラヌラ」Moratorium Pants@座・高円寺2 @ひたちなか市文化会館小ホール

・「シング・スイム・スイム」Moratorium Pants@ひたちなか市文化会館小ホール