©2019 gekidan-gekisakka all rights reserved.

 戯曲紹介

ジャンル別:

時代劇(中世以降)

月、白き水晶の夜

関東大震災から1年後の府立精神病院。新任の医師、和田三郎の前にある女性患者が現れる。三郎の父、岡倉天心が書いた英文戯曲を読みこなし、自分は閉じ込められていると訴えるその患者の名前は星崎初子。二人はある秘密を抱えていた…。

作者

ジャンル

登場人物

上演時間

約2時間

9名

時代劇(中世以降)

有吉朝子