©2019 gekidan-gekisakka all rights reserved.

 戯曲紹介

登場人物別:

11人以上、2役あり​

​​

五臓六腑色懺悔

幼い頃、父親が誰かも知れぬまま母親に置き去りにされた捨吉は、たった一人で少しでも豊かな暮らしを求めて成長するうちに、物への執着が強くなっていく。しかし、そんな母親のような生き方を拒否する〈もう一人の自分〉が彼の中にはおり、その存在も次第に大きくなって、ついに自己分裂のような昏睡状態に陥ってしまう。―――そんな捨吉に、欲に走って息子を捨てた母親が、自殺未遂の末に巡り合い、彼を蘇生させるため体内に入って内臓たちと話をすることになるのだが…。

作者

ジャンル

登場人物

上演時間

約2時間

15名

ファンタジー

校倉元

ハルメリ

「いま私はクラブ・ハルメリに来ています……またしても若者達の……学生運動や安保闘争は……抵抗……しかし今回は違います。見てください。ハルメリを合言葉に、若者達が年配の大人達と一緒に踊っています!!」――ハルメリは優しさの思想。つまらない競争をやめ、全てを受け入れ合う。相手も自分も大した人間でないことを知り、微笑みの中に自分の居場所を見つける。「……そういう、冗談なんです」

作者

ジャンル

登場人物

上演時間

約120分

18名

現代劇(リアル)

黒川陽子