©2019 gekidan-gekisakka all rights reserved.

 戯曲紹介

佐藤喜久子

作者別:

ざっとむかし、あっとこさ

東北、若い男が立ち寄った家には老女と耳の聞こえない美しい娘がいた。老女も昔、耳が聞こえなかった。耳が聞こえなかったからこそ見た、知った恐ろしい話を語りだす。

作者

ジャンル

登場人物

3名

ファンタジー

佐藤喜久子

上演時間

佳子のさくら

万里子は死の床にある。付き添うのは、自分をアンと呼ぶ介護人の安子。ふたりを結びつけたのは愛読書である「赤毛のアン」。不幸を想像力でのりこえる"女の子"の話。

作者

ジャンル

登場人物

2名

現代劇(リアル)

佐藤喜久子

上演時間

冥土喫茶

消えゆく町の一軒の喫茶店。三人姉妹がボランティアで経営する『喫茶若草』は自分の一番好きだった頃の服を着て語らう場所。孤独を抱えるな老人が集う場所。そこに同窓会誌を見てお手伝いとして後輩の加奈子が神戸から来る。事情を抱えているような加奈子。天真爛漫な長女の幸子。イライラしている次女の雪子。終末過剰医療に反対の86歳の現役の医師。癌と闘う元教師。そこにニューヨーク、ウイーン、ミュンヘン、ミラノ、ドバイを旅してきた三女の妙子が帰ってくる。妙子は元パイロットの原田が自殺を図ったことを知る。

作者

ジャンル

登場人物

7名

現代劇(リアル)

佐藤喜久子

上演時間

若草物語

母校で神と隣人への愛を学んだ中年の3人。同窓会のお仕事会でセーラー服を着て、戦禍の子供達へ送る木彫りのお地蔵様を彫る作業に励んでいる。夫を食べさせ続ける主婦、寝たきりの母親を引き取って、介護している主婦、家出中の夫を持つ主婦。明日は提出の締め切り日。そこへ3ヶ月前に亡くなった先輩の夫が訪ねてくる。明らかになっていく、女達の心の闇。善と悪は複雑に混沌と存在し、悪魔になり聖女になる。ああ、人間は面白い。

作者

ジャンル

登場人物

6名

現代劇(リアル)

佐藤喜久子

上演時間