©2019 gekidan-gekisakka all rights reserved.

 戯曲紹介

黒川陽子

作者別:

手のかかる子供

自殺した男性。彼は天上の世界で自分のことを何でも知る奇妙な相手と出会う。それは男性が知らないうちに心中してしまった癌だった。

作者

ジャンル

登場人物

2名

現代劇(非リアル)

黒川陽子

約20分

上演時間

※「アップルパイな人々/彼女たち」と3本セットで販売します。

彼女たち

美容師と客。雑談をするうち、自分たちの彼氏が同一人物であることに気付く。彼を独占しようと嘘も交えつつ争う二人は、やがて実態とは違う、架空の彼氏を作り上げる。

作者

ジャンル

登場人物

2名

現代劇(リアル)

黒川陽子

約40分

上演時間

※「手のかかる子供/アップルパイな人々」と3本セットで販売します。

ハルメリ

「いま私はクラブ・ハルメリに来ています……またしても若者達の……学生運動や安保闘争は……抵抗……しかし今回は違います。見てください。ハルメリを合言葉に、若者達が年配の大人達と一緒に踊っています!!」――ハルメリは優しさの思想。つまらない競争をやめ、全てを受け入れ合う。相手も自分も大した人間でないことを知り、微笑みの中に自分の居場所を見つける。「……そういう、冗談なんです」

作者

ジャンル

登場人物

18名

現代劇(リアル)

黒川陽子

約120分

上演時間

どっきり地獄

M-1グランプリで優勝を果たした漫才コンビ。その後、ボケのみっちーとツッコミのタッツンの間には人気格差が広がっていた。みっちーの今後を考え、コンビの解散を切り出すタッツン。しかしそれは、テレビのドッキリ企画だった。

作者

ジャンル

登場人物

3名

現代劇(リアル)

黒川陽子

約20分

上演時間

アップルパイな人々

人の口真似をするうち、その人自身になってしまう癖を持つ兄妹。妹が恋人を兄に紹介したのをきっかけに、二人は口喧嘩を開始する。

作者

ジャンル

登場人物

3名

現代劇(リアル)

黒川陽子

約10分

上演時間

※「手のかかる子供/彼女たち」と3本セットで販売します。

ロミオ的な人とジュリエット

ロミオと運命的な恋に落ちたジュリエット。しかしその夜、ロミオの魂とジュリエットの“乳母”の魂が入れ替わってしまった。「あぁ、ロミオ、ロミオ、どうしてあなたはロミオじゃないの?」両家の境を曖昧にする三角関係の果てに、彼女が下した決断とは―

作者

ジャンル

登場人物

11名

時代劇(古代~中世)

黒川陽子

約70分

上演時間

相貌

熟議民主主義のシステムが確立した、近未来の日本。「熟議の日」には全国各地で討論会が開かれ、国の政策について市民の意見が交わされる。その日、顔を合わせた7人の女性は、議題である過激な平和運動に一つの結論を下す。その結論が世間の耳目を集め、やがて彼女たちを特別な地位へと祭り上げていく。

作者

ジャンル

登場人物

11名

現代劇(リアル)

黒川陽子

約150分

上演時間