©2019 gekidan-gekisakka all rights reserved.

 戯曲紹介

上演時間別:

2時間以上

ゴルゴダメール

アスペルガー症候群という特徴を持った若者達と演劇人達が、自閉症児・者の自立支援のためのNPO法人の企画で一緒に芝居を創ることになった。社会性、コミュニケーション、想像力という、演劇に不可欠の要素に障害があるといわれる若者達と、関係性の表現活動と言われる演劇に関わる若者達とのユニークな創造現場を通し、人とその関係性、普通とはいったい何なのか、いじめ、家族などの問題の不可思議さが浮かび上がる。

作者

ジャンル

登場人物

上演時間

12名

現代劇(リアル)

篠原久美子

ハルメリ

「いま私はクラブ・ハルメリに来ています……またしても若者達の……学生運動や安保闘争は……抵抗……しかし今回は違います。見てください。ハルメリを合言葉に、若者達が年配の大人達と一緒に踊っています!!」――ハルメリは優しさの思想。つまらない競争をやめ、全てを受け入れ合う。相手も自分も大した人間でないことを知り、微笑みの中に自分の居場所を見つける。「……そういう、冗談なんです」

作者

ジャンル

登場人物

上演時間

約120分

18名

現代劇(リアル)

黒川陽子

相貌

熟議民主主義のシステムが確立した、近未来の日本。「熟議の日」には全国各地で討論会が開かれ、国の政策について市民の意見が交わされる。その日、顔を合わせた7人の女性は、議題である過激な平和運動に一つの結論を下す。その結論が世間の耳目を集め、やがて彼女たちを特別な地位へと祭り上げていく。

作者

ジャンル

登場人物

上演時間

約150分

11名

現代劇(リアル)

黒川陽子

あの子の飴玉

ママは元AV女優。ママの言葉や生き様に共感しながら、道行く人にも好かれるために、私は家族を軽蔑しているフリをする-。価値、レッテル、やり方、道徳。私のものなのに自分で決められない女性の「性」と、その周辺をめぐるお話。

作者

ジャンル

登場人物

上演時間

14名

現代劇(リアル)

坂本鈴